19時から、いよいよ「5SLiveセミナー」第2弾でした。昨日も書いたように、機材は揃えたものの、果たしてどんな感じになるのかは、やってみないとわからない。おまけに、やっている本人は、どんな「映像」と「音声」になっているのかわからないので、相変わらず緊張する。
事前に「映像」と「音声」の確認はしていて、イメージは掴んでいるのですが、実際のLiveの最中にパソコンの映像を見ると、数十秒の「タイムラグ」があるので、どうもやりにくい。で、当然「ぶっつけ本番」でございました。

とじきさま、スタッフの皆様

お世話になっております。広島のGです。
ライブセミナー拝見致しました。現在Q&Aコーナーを聞きながらメールを書いております。
前回は録画を見たのですが、前回に比べ格段の進歩です!!(すみません、上から目線で)音声はクリアだし、レジュメとの連携もお見事。仕事をしながら音声でしたが、時折、画面を見つつ「うーん」と唸りながら拝見しておりました。
というのは、ここまで素晴らしい仕組みをどう取り入れるかという点で我社ではあまり進められていない。つまり、私自身の体を通ってないために皆を説得できていない(いなかった)どこか(やらなきゃやらないで構わんと)引いている自分があり、反省しきりの1時間でありました。(後略)

親しくさせていただいている企業のスッタフの方から、すぐさまこんなメールを頂きました。
〜前回に比べ格段の進歩です!!〜とは実にありがたいお言葉。
〜音声はクリアだし、レジュメとの連携もお見事。仕事をしながら音声でしたが、時折、画面を見つつ「うーん」と唸りながら拝見しておりました。〜という部分に思わず「ガッツポーズ!」。
ついでに〜反省しきりの1時間でありました〜というところでも、再び「ガッツポーズ!」。
1時間あまりの話の中で、誰かに何事かを「考えて」いただければ、十分な成果と言えます。

簡単には、真似られない!。
なるほどです。
真に、会社内部へ落とし込んで、いくことと、表面上まねられることでは、
意味が違いますね。
組織力アップをもっと追求していき、メルマガも参考にして、厳しい経営環境を切り抜けていきます。ありがとうございました。
また、セミナーお疲れ様でした。まことに、有難うございました。

名古屋の経営者の方からは、こんな感想も頂いた。

Liveセミナーの可能性は奥深いのかもしれません。遠隔地の方々とほぼリアルタイムで「言葉」や「思い」を交わせるのは、ある意味「驚異的」なことです。

もっとも
「後頭部が危ない!(薄い?)」
「気取り過ぎ!(天気予報みたい)」
「いつものとじきさんじゃない!」
などという、実に「辛辣(しんらつ)」なご意見もあって、真剣に反省・・。
実は、座って話すのは苦手なのです。なんとなく、リズムが出ない・・・。そうぼやいていたら、パートナーとスッタフが「次回は立ってやりますか?」と言い出した。
「ついでにネクタイも取ってやってくださいよ。機材は十分機能しますから、講演みたいに叫んでも大丈夫ですよ!もっとトジキさんらしくやらなきゃ、やってる意味がないじゃないですか!もっとリラックスしましょ」

うーん、見ている人の顔が見えず、カメラに向かって極度に緊張しているというのに・・・。
でもね、「立って」やったら、いつものリズムで話せるかも、と少し考えています。

次回は、「立って」やろうかな・・・。
最終回は3月7日(水曜日)19時からです。お申込みはこちらからどうぞ。
うーん、「試行錯誤」の一週間になりそうです(泣)

ご視聴して頂いた皆様、ありがとうございました。