変化がわかる5S活動を入口に
組織に緊張感と生産性向上を。

未来に向けた「人財獲得」を
「今」始める

5年後、10年後の組織に必要な人材を本気で獲得する
育成・定着・採用のサイクルを構築する採用改善プロジェクト


経営者の思い描く組織の姿、従業員が思い描く将来の姿。
「魅力ある組織」構築をサポートします


組織は人なり。
新入社員から経営者層まで、組織の意識向上と仕組み構築をサポートします

「人と組織の育成集団」として

まずは、動くこと!
「社長が思っているよりも組織は優秀であり、社員が思っているほど社長は馬鹿ではない」
思い切った言い方ですが、これはすべての組織に当てはまります。
まず、中小企業は「可能性の宝庫」であることを知るべきです。
きちんとした目的、きちんとした工程、きちんとした流れさえ与えれば、組織は短期間で変わることができるのです。
動くことより次の風景が開けてきます。
動かないから、次の景色が見えないのです。
中小企業が可能性の宝庫であることを信じて、まずは動きましょう。

未来の組織のために私たちにできること

経営者が抱える組織課題の解決に向けて、
寄り添ってサポートいたします。

ドメイン
5S活動
採用・育成・定着

ドメイン

人と組織の教育集団として

昨今の組織課題は「仕組み」の問題だけではなく、組織を構成する個人の意識によるところが大きくなりました。
企業組織を構成する単位要素はやはり「人財」なのです。

組織の存続と発展のために、私たちができること。

それぞれのリソースを展開し、常に皆様と寄り添い、
ときに指摘し、最大限の効果を発揮できるよう動いてまいります。

5S活動

全社一丸のプロジェクト
目に見える変化で組織をリビルド

5S活動は、組織運営のシステムツールです。
整理という不要なものを捨てるという活動で共有されるものに対する価値観。整頓・清掃という表示や点検保守活動という継続を生み出す仕組。
何よりも、顧客や働く人たちが評価する清潔、そして共通の目的や目標に向かって全員が躾けられている状態。そうしたものを構築する中で、時代に合った組織イメージを組織の末端を含んだ全員で共有することが出来ます。

採用・育成・定着

人は「コスト」から「投資」の時代に
人財戦略が求められる

従来は人は生産を行ううえでの「コスト」という意識が長らく続いていましたが、人口減や社会構造の変化により、その考えでは組織はもはやもちません。

人ぐりは「社長や総務や人事が考えるもの」という時代は終わりました。

以下に今いる従業員を育て、会社の未来を共有できる人を多くつくるのか、そして、その思いをともにする仲間に選んでもらえるような組織づくりをするのかが
これから中小企業の最重要事項のひとつになってきています。

TOP
PAGE TOP