音楽の三要素とは、メロディー(旋律)・ハーモニー(和音)・リズム(拍子)のことをいいます。

美しい音楽とは、この三要素が整った状態のことを指し、どの楽曲もこの要素が壊れてしまっては、聴くに耐えない。
不快なメロディー、にごったハーモニー、狂ったリズムは、音楽ではない。音楽ではないので、誰も聞いてはくれない。人が聞いてくれないものはもはや音楽ではない。

ではその中でどれが一番大切か?
どれが欠けても成り立たない以上、意味のない設問なのだが、あえて言えば「リズム」ということになるでしょうか。

「リズム」は先を【予想】させる
音の高低や組み合わせは、聞かなければわからないけれども、「リズム」は先取りすることが出来る。少々メロディーが狂っても、わずかにハーモニーがずれても大きく音楽が破綻することはない。ところが「リズム」の狂いは全てをぶち壊す。今まで営々と積み上げたものを一挙に壊す。壊した挙句、何も残らない。

「リズム」は先を【予想】させるのです。
「予想」させせて初めて、その音楽に参加した人々は、安心してメロディーをかなで、ハーモニーを重ねられる。そして「予想」出来ることが、聴き手(リスナー)を安心させる。

先ほど、経営陣と現場サイドの「リズム」が狂っている企業の幹部から電話をもらいました。
経営陣は「仕組み」を、【形】として捉え、固定化させようとしている。現場サイドは「仕組み」を【流れ】として捉え、流動化させようとしている。
どちらも、正しいのです。
しかしながら、「リズム」が狂っているので、音楽として成り立っていない。つまり、演奏者たち(そこで働く人々)が「不安」の中で楽器を握り締めている。いつ音を出せばいいのか、どこから始めればいいのか、次にどんな展開になるのか予測が出来ないでいる。
そして、聴き手(リスナー)させも不安に陥れる。

よその会社は「ビート」で悩んでいると言うのに、その企業は「リズム」で悩んでいる。

編曲者(アレンジャー)・とじきは、途方に暮れる・・・。