「インフラ」とは、普段の生活で意識されるものではありません。

 

水道管がどこを通っているか、ガス管がどこに埋設されているか、この橋は何メートルあるかなど誰も意識せずに生活しています。まして、「電気」がどのようにして作られているかなど【専門家】以外誰も知りません。

 

 

しかしながら、今後日本の「重心移動」が起こるとき、こうした「位置」や「配置」は頭の中に入れておく必要があるのかもしれません。「電力制限令」の発令の中には使用制限だけではなく、「工場の一時的な移転」まで含まれているようです。

 
今まで、「無意識」でいたり「無関心」でかまわなかったことですら、これからは注意深くチェックしておく必要があります。