s_2014ロゴ (1)世の中の流れが
時代の風を生む
その時代の風をどのように感じるかは
その組織の【性質】による

性質とは「素質」と「資質」のことである

「素質」とは、生まれながらの体質と気質のことであり
「資質」とは、生まれ持った天性の才能のことである

そして、「素質」と「資質」は、磨かなければ一生埋もれたままである

さて、誰が磨くのか?いつ磨くのか?どのように磨くのか?
いつの時代も、問われているのはその【覚悟】だけである

(2014年 1月とじき塾 レジュメ巻頭言より)