組織の中でもっとも伝わりにくいものが「利益」に対する考え方でしょうか。

 

「経営者」は、組織の未来から「利益」を考える。

「社員」は、自分の「給料」から「利益」を考える。

 

この2つの違いによって、お互いに違う「風景」を見ているのです

 

「来年は、機械を買い換える必要があるな。建物も3年後には塗り替えが必要だ。耐震対策を早くしておかなければいけないし、こうした技能をもった人間も採用しなくてはならない・・・」

「経営者」はそう考える。

 

「俺の給料は、○○万円だ。うちの社員は何人だから、人件費は大体○○万円でいいはずだ。会社はこれくらい売上を上げているのだから、これくらいは利益を上げているはずだ。なんだ、儲かっているじゃないか。うちの社長はけちだなぁ・・・・」

多くの社員はそう考えている。

 

【対話】が足りないのです。

【教育】が足りないのです。

【マネジメント】を教えていないのです。

 

何よりも、何よりも【コミュニケーション】が取れていない・・・・。

 

だから「組織活性化」を急がなくてはなりません。「同じ風景」を見なくては、「利益」など生まれるはずはありません。