ごくまれに(?)「否定語」からすべてを始める人がいる。

「それは無理だ」
「それは出来ない」
「それはもう遅い」
「それは無茶だ」
「暇がない」
「金がない」
「意味がない」
「田舎だから」
「女(男)だから」
「若すぎる」
「歳なので」
「前例がない」・・・・

これでもか、これでもか、と否定語と出来ない理由ややらない理由が出てくる、出てくる・・・・。

さて、そんな言葉をいきなり言い出す人たちと、どのように会話を続ければいいのだろう。こちらも時間を持て余しているわけではない。
それこそ
「時間の無駄だ」
とこちらのほうから言い出したくなるのだが、いかがだろう。

社長がこうだと、組織では何も進まない。
部長がこうだと、仕事がやりにくくて仕方ない。
部下がこうだと、業務が進まない。・・・・

「否定語」から入る人が苦手です。
以前ならば、そこから説得をする「気力」や「 体力」があったのですが、最近ではなかなか以前のようには行かない。

ついつい、「否定語」が口をつく。
「あんな人たちと話しても、無駄だ!」

うーん、類は類を呼ぶ????