射撃の目的は「的に当てる」ことです。

生き死にのかかった狩猟目的や戦争時の射撃であれば、「獲物または敵に命中させる」ことが【最優先課題】です。

では、正しい射撃とはどういうものでしょうか?

「構え!狙え!撃て!」というのは間違いです。

一見正しそうに見えるこの手順は、実は間違っています。

 

正しくは「構え!撃て!狙え!」です。

「構えたら、まず撃つ」ことです。

「撃って狙いが外れていたら、すぐに上か下か右か左かに修正しなおして(狙いなおして)再び撃つことです」

「それでも命中しなかったら、再度狙いなおして獲物(敵)に当てる」そして「弾の続く限り、当たるまで撃つ」というのが正しいのです。

 

「構えること(格好をつけたがる)」ばかりにこだわっている企業をたくさん知っています。

「狙うこと(考えてばかりいる)」で時間を浪費している後継者を多く知っています。

それらの企業や後継者は、体質としての「スピード感」に乏しく、当然【最優先課題】を忘れ、本来なすべきことを行っていません。

 

よって成果が上がらず、業績が向上せず、依然として低迷を続け、そしてこう呟くのです。

 

「いつかする。そのうちにする。誰かする・・・・」

 

おーい、若者!ちっとも時代に合ってねぇぜ!

「まずは、動いてみなけりゃ、何もわかんないだろう?何でそんな所に佇んでいるんだぁ?」