利益創出型5S活動の推進者を育成する1日講座で
5S活動のノウハウをマスター。

1日の講義で5S活動のノウハウを余すところなくお伝えし、
すぐに実践できる「5S責任者養成講座」です。

講座概要紹介

5S活動の本質と技術を徹底的にお伝えし、
社内の5S推進者を養成!

5S活動とは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」という5つの要素を組み合わせた「組織活性化」のためのシステムのことです。
5S活動を「片付け」という単純活動や「意識改革」という個人の意気込みとして捉える向きもありますが、実際には仕組み(システム)です。

その仕組み作りをする時に、担当者が辛いのは、どのように活動の意味を「組織」へ落とし込めばいいのか、ということがよくわからないということです。何しろ経営者ではないので「組織を触ったこと」がない。同時に、5S活動は「業務」とは違うので、幹部として頭ごなしに命令しても「組織は動かない」。

5S活動を「興(おこ)す」技術・5S活動を「周知する」技術・5S活動を「維持する」技術・・・

そうした技術をちゃんと担当者が身につけないと、5S活動は動きません。

「5S活動をどうすれば維持出来るか?」

という質問が相次いでいます。つまり、多くの企業組織で5Sに取り組んでいるという証拠です。時代変化が激しく大きいので、組織も覚悟して動いているのです。その時に、基本となる「考え方」と「技術」を豊富な事例に基づいてお伝えしたいと考えて「5S責任者要請講座」を開催することにしました。 数年前、ある金融機関系の研修会で、一日がかりの「5S研修会」を行ったことがあります。その研修がきっかけになって、ある生協の店舗が素晴らしく変化して、その他の店舗にまで好影響を与えました。その時の手法と当時より磨き上げたツール(マニュアルと改善DVD)を準備して、時代が必要とする講座にしたいと思います。

これまでの5S活動推進者養成講座、参加者様の声(一部)

・想像以上に奥が深く、参加できて良かったです。講義も資料もわかりやすく、アウトプットが苦手ですが、実践できそうです。

・非常に参考になりました。特に指標として絶対利益の考え方をもっと理解したい。

・今まで「安全」という切り口で活動を行ってきており、成果が見えにくい部分があったが、「利益」という面での活動を今後考えようと思いました。

・現在3S活動を推進していますが、安全+利益に結びつける活動も実施していきたい。

・自社をまず知ること、そしてそれを共有して会社全体で5Sに取り組む。今日勉強生たことを会社に伝えて活動していきます。

・5S活動という言葉は認識していますが、目的を間違えずに活動を行いたいと思います。

・利益と5Sを結びつけたところがなるほどと思いました。

・将来5Sを活用して、自社ルールを確立し、現状の問題を改善していくよう行動を起こしていきたいと思います。将来というイメージを決める必要があります。

・非常にわかりやすかったので、今後の活動に活かしていきます。

・5S活動を継続させるために必要なことについて学ぶことができました。

・他業種の5S活動を学ぶことができ、参考になりました。

・自社でも5S活動に取り組んでいますが、「活動」と「運動」の違いを聞いて、まだまだ「運動」で終わっていると感じました。

・1円を拾う、ムダをなくすなどが理解でき、5Sの必要性を理解出来ました。

・現在5Sが全く出来ていませんので、この後取り組みます。今まで管理ができず、作業ばかりやっていることにも気付かされました。

5S活動とは?

言葉は知っているけど、、、実際に取り組んでいるけど、、、改めてこの5S活動の意味と目的、そしてそれぞれの活動の概要はこちらです。

詳細を確認する

カリキュラム

5S推進者養成講座の1日を通してのカリキュラムとその内容をご紹介します。5S活動に入る前に準備することもお伝えします。

詳細を確認する

講師紹介:戸敷進一

5S推進者養成講座のメイン講師の紹介です。

詳細を確認する

>
Copyright(c) 2015 経営改善支援センター. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com